「外国人雇用.TOKYO」は、中小企業・小規模事業者の外国人雇用を応援するサイトです。

製造業

製造業

 製造業の場合、事務部門、技術部門、工場等の現場部門と、3つに大別されます。
事務部門における、海外拠点関連業務に関わる通訳翻訳業務、人事総務、経理、マーケティン グ・営業業務などについては、在留資格取得が可能です。技術部門については、製品開発、品質管理、技術教育などの専門性が高い職種の場合に、在留資格の取得が可能です。 事務や技術に関わる業務は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格になり、大学や専門学校で学んだ専攻と関連する職務内容で就労する場合に取得できます。
工場の現場部門での就労は単純労働とみなされますので、原則として在留資格は取得できません。現場部門で外国人を雇用できるケースとしては「技能実習」が挙げられます。

PAGETOP
Copyright © オフィスマツナガ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.