「外国人雇用.TOKYO」は、中小企業・小規模事業者の外国人雇用を応援するサイトです。

外国人雇用の基礎知識

外国人雇用の基礎知識

〇外国人雇用する前に考えること、学ぶこと、決めること。

・外国人を雇用する理由を明確にすること
外国人と日本人の雇用を同様に考えてはいけません。外国人の雇用には、在留資格の取得という中手企業にとって非常に高いハードルがあり、雇用後にも文化慣習の違いによる管理の困難さがあります。外国人を雇用するメリットが明確でもないと、この高いハードルを越えることができない事態に直面します。

・外国人は安価な労働力ではない
外国人は「安価な労働力」ではなく、日本人の代替要員でもありません。外国人の持つ能力、経験を活用することが大切です。外国人のキャリアデザインを考慮した人材管理運用体制を構築し、外国人を育成ことが、優秀な外国人の確保、長期雇用につながります。

・従業員としての日本人と外国人の違い
外国人を日本人従業員と同様に考えてはいけません。両者の違いを理解し認めることが重要です。違いがあるからこそ、企業は外国人を雇用し、日本人にはない知識、発想、技術、技能を活用する訳です。雇用者がこの点を理解して、外国人を活用することがビジネスの成功につながります。

・外国人雇用に必要な法知識
外国人の雇用では、日本人の雇用に必要な労働基準法や社会保険等についての知識に加え入管法の知識が必要です。労働基準法や社会保険等の専門家は社会保険労務士ですが、入管法の専門家は入管申請取次が認められた行政書士(全ての行政書士が対応している訳ではありません。)です。いざという時に誰に聞けば良いのかを抑えておくことが重要です。

PAGETOP
Copyright © オフィスマツナガ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.