派遣会社に雇用された社員が、派遣先の会社で働くことになる場合の在留資格審査は、3つの審査があります。

①本人審査、②派遣元会社(雇用主)の審査、③就労先会社(派遣先)の審査の3つです。

①本人審査
本人の学歴や関連した職務経験年数

②派遣元会社(雇用主)の審査
業務実施に必要な許認可、財務状況など企業としての、実現可能性、継続性、安定性

③就労先会社(派遣先)
職務内容および業務担当についての審査です。職務内容は「専門的・技術的」な職務内容に限られます。