アルバイトの雇用は比較的安易に行われますが、その雇用方法が不法就労に当たる場合は、雇用主も逮捕されてしまう場合があるのでご注意ください。

アルバイト雇用注意点

・留学生の雇用
基本的に就労ができませんが、「資格外活動許可」を取れば週28時間まではアルバイトができます。例外的に、夏休みなど長期休暇中の期間は週40時間まで可能 です。
28時間の上限を超えて働いている留学生がいるようですが、留学ビザの更新ができな くなったり、就職が決まっても就労ビザへの変更申請が不許可となったりします。税証明書や納税証明書、 その他の各種書類によって発覚する可能性があります。

・家族滞在の外国人雇用
留学生と同じく、資格外活動許可を取得しなければなりません。1年を通して週28時間までという就労制限があります。

・「技術・人文知識・国際業務」の外国人
原則として正社員働くための資格です。アルバイトするためには「資格外活動許可」を取得する必要がありますが簡単には審査は通りません。飲食店やコンビニなどの単純労働では、まず許可がおりません。