外国人を中途採用する場合には、採用する外国人が職種に合った在留資格を持っている必要があります。

外国人を中途採用した場合にその外国人が自社で働けるかどうか、確実に確認する為には、入国管理局に対して「就労資格証明書交付申請」を行い就労資格証明書を取得するという手続があります。
社会保険の加入や前職の源泉徴収票を受け取ることなどは、日本人社員と同じ手続になります。