「外国人雇用.TOKYO」は、中小企業・小規模事業者の外国人雇用を応援するサイトです。
ニュース

外国人雇用事例ケーススタディ

派遣社員で外国人を受け入れる場合

派遣会社に雇用された社員が、派遣先の会社で働くことになる場合の在留資格審査は、3つの審査があります。 ①本人審 …

外国人を役員に就任させる

外国人が出資なしで会社の役員に就任する場合の就労資格は、「経営管理」となります。 「事業の管理について3年以上 …

外国人をアルバイトで雇用したい場合

アルバイトの雇用は比較的安易に行われますが、その雇用方法が不法就労に当たる場合は、雇用主も逮捕されてしまう場合 …

海外で採用し日本で就業

この場合に取得する在留資格は多くの場合「技術・人文知識・国際業務」となりますので、当該人材の専門性、即ち、大学 …

身分系のビザを持つ外国人の採用

「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格を持っている外国人は、就労にあたり何ら制 …

外国人の中途採用

外国人を中途採用する場合には、採用する外国人が職種に合った在留資格を持っている必要があります。 外国人を中途採 …

個人事業主の外国人雇用

理論上は可能ですが、審査は厳しくなります。 税務署に届出さえすれば、誰でも個人事業主になれ、法人のように登記事 …

家族滞在の外国人をアルバイト雇用

「資格外活動許可」の取得によりアルバイトでの就労が可能になります。 就労時間は週28時間までという制限はありま …

留学生の採用

留学生の採用在留資格「留学」から「技術・人文知識・国際業務」への在留資格変更許可申請をする必要があります。 こ …

オフィスマツナガ行政書士事務所





PAGETOP
Copyright © オフィスマツナガ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.